富岡市は400年位前(江戸時代初頭)に新田開発としてできた町です。歴史上は比較的新しい街です。

富岡市の歴史

富岡は慶長17(1612)年に突如として町づくりが始まりました。同年4月1日に検地(土地の測量)が始まり、その結果、最も地味の悪い地が新田開発に選ばれ、開発が行われ、元和3(1617)5月2日にまちの骨格が完成し、この日を以って富岡町という町名が付けられました。富岡は計画的に町づくりが行わたた町といえると思います。新田として出来た町は、砥沢村(現・群馬県甘楽郡南牧村 砥沢)から大量に質の良い砥石が産出され、幕府から手厚く保護(御蔵砥)され、江戸への輸送の中継地として、鏑川流域の中核的小都市として富岡は発展します。又、新田開発の際に代官が陣屋地 (3町3反20歩 1何坪弱)として策定していた広大な土地が、後の、明治政府の殖産興業政策の一環として富岡製糸場の設立地となりました。下の絵図は現和3(1617)年に富岡町と命名されてから220年余りを経過した 天保8(1837)年の絵図で、新たな開発は終了し固定化された姿と観ることが出来ます。現在も此の町並みは富岡の重要な通りとなっています。町の通りは(黄色の太線)で基本的には東西 に長い町ですが、直角に何度も曲がる点に多きな特徴が有ります。此の地を治めた中野代官は、信濃の国にまたがる広大な天領地を、代官陣屋を設けて、角角には神社や仏閣を配置し、城 の構築に似た防御性の高い町並みを目指したとも言えましょう。 その後、中野代官は東海道筋天竜川流域の中泉(現・磐田市)の代官を命ぜられ富岡町を去ります。寛永10(1633)年には天領地であった富岡町は恒岡氏、筧氏、天野氏の3人の旗本の知行地(支配地の事)となり、この時点で天領としての代官 陣屋は必要無くなり広大な土地がそのまま残ります。天和元(1681)年には、天野氏に変わり旗本の喜多氏となり、元禄4(1691)年に喜多氏に変わり竹田氏に変わります。此の支配下は幕末まで変わること無く引き継がれました。(参考文献:富岡のまち ~まちのおこり400年~)

天保8(1837)年の富岡町の絵図↑クリックで拡大画像↑

黄色の太線が、新田開発によって出来た町並み現和3年(1617) 。左下の黒く囲われた四角の場所が、後に明治政府が目をつけた陣屋跡地(3町3反20歩{32,793.3㎡}と記されています)で、現在は富岡製糸場(富岡製糸場建設には、これだけの土地では狭すぎるので23,000㎡余りを買い増しています)となっています。現在の製糸場の総面積は55,391.42㎡(約16,785坪)。となっています。(東京ドームのグランドの面積が13,000㎡ですから、その約4倍の広さ以上で、東京ドームの建物がスッポリ入っても余る広さとなります。)

現在の富岡

黄色の太線は現在も続いている富岡の町並みです。赤線は昭和の時代に拡幅された道路で、400年前に出来た直角に曲がった道路を修正した形となっています。現在の富岡の地図↑クリックで拡大画像↑

現在の富岡全図(Google Earth)

↑クリックで拡大画像↑

現在の富岡市の概要

群馬県南西部にある人口5万人ほどの市であり、市内を東西方向に上信電鉄、上信越自動車道、利根川水系の鏑川(かぶらがわ)が横切っている。 上州で最も社格の高いとされる一之宮貫前神社や群馬サファリパーク、富岡製糸場などの観光名所がある。特に富岡製糸場は教科書に必ず出てくる歴史的に重要な施設(世界遺産・国宝)であり、富岡製糸場がこの地に建設された理由として、明治政府の方針の他に住民の理解によるものが大きかった。開国後に日本政府は外貨獲得のために、輸出品のメインであった生糸の品種改良と大量生産を推進していた。製糸場の候補地として繭を傷めることがない気候的に恵まれている上州・信州などが挙げられていたが、原料の繭、水、燃料の石炭、広い用地が確保できる点に加えて、住民が外国人が指導する工場の建設に同意した点などを考慮して富岡が選ばれた。市内にはこんにゃくゼリーで有名なマンナンライフの本社もある。 (参考文献:Wikitravel)

富岡市の特産品は下仁田ねぎ・キゥイフルーツ・せんべい・はちみつ・まいたけ・とまと・きゅうり・なす・いちご・しいたけ・コンニャク・ニラ・玉ねぎ・みそ漬・だんご・七味唐辛子・等が挙げられるが、全国的に有名ではない。特産品で作る「こしね汁」はコンニャク・しいたけ・ねぎが入った「けんちん汁」に似た汁物で、富岡のイベントには欠かせない物となった。又、「ホルモン揚げ」は河合芸能社が60年ほど前に開発し、その後現在の形の、竹輪に竹串を挿して 、パン粉を付けて揚げ、特製のソース(ウスターソース似)を掛けて食べる物へと変化し、富岡のソウルフードとして、日本テレビの「秘密のケンミンSHOW」に2014年に取り上げられ一躍有名になった。上州名物「おっきりこみ」を富岡でメニューに載せている食堂があるが、アレは、「ひもかわうどん」で、家庭で「地粉」をこねて作る「うどん」に、山で取れた「きのこ」や茄子を入れたり、「大根」を入れて作る「おっきりこみ」とは別物である。富岡で「コレが名物」と言う物がなく大変残念である。

Topページ>富岡の歴史

尾高惇忠

富岡製糸場 初代場長

ポール・ブリュナ

富岡製糸場の建設のために雇われたフランス人技師たち

当時の繰糸場の写真

水分検査機

ポール・ブリュナが明治4年、フランスに発注した物、水分検査機

↑ PAGE TOP