尾高惇忠は明治3年に、官営富岡製糸場長となります

富岡製糸場 初代場長 尾高惇忠

初代富岡製糸場長を務めた尾高惇忠

武蔵国榛沢郡下手計村(現・埼玉県深谷市下手計)生まれ

尾高 惇忠(おだか あつただ(じゅんちゅう)、1830年(文政13年 天保元年)9月13日(天保元7月27日)生まれ。 明治34年(1901年)1月2日没。富岡製糸場の初代場長、および日本の実業家。第一国立銀行仙台支店支配人。 通称は新五郎。号は藍香。尾高惇忠は、現在の深谷市下手計に生まれました。 学問に優れており17歳の頃、自宅で尾高塾を開き、近隣の子どもちに学問を教えました。 いとこの渋沢栄一の師でもあり、その考えに大きな影響を与えました。栄一は後年「藍香(惇忠)ありて青淵(栄一)あり」と述懐しています。惇忠は10代で水戸学に感化され尊王攘夷思想を抱くようになり、 高崎城乗っ取り計画や横浜商館焼き討ち計画を栄一らと共に企てますが、やがて、渋沢栄一が徳川慶喜に仕えるようになると、佐幕派(幕府を補佐する)へと考え方を変えていきました。

尾高惇忠の生家

1869 年(明治2)12月の「備前渠取入口事件」(明治政府は、備前渠取入口の変更計画を行いますが、地元では水路の変更することによって、洪水や地域の水不足で作物が育たい弊害の有ること を訴えます)では、 韮塚直次郎とともに、地元農民の先頭に立ち、事件解決のため同志と共に、この事件の解決を見ました。

これが縁で新政府に招かれ、民部省に入ります。そして、官営富岡製糸場の建設に計画当初から携わり、活躍します。 建設資材の煉瓦やモルタルは、当時の日本ではほとんど知られていませんでしたが、地元深谷の韮塚直次郎に煉瓦づくりを、煉瓦を接着するためのモルタルは、日本固有の漆喰を改良してまかなうことを考え、 同郷の左官職人、堀田鷲五郎・千代吉親子に考案を任せました。富岡製糸場の煉瓦積みは、この漆喰によって長年にわたり強固な壁面を形成しています。また、娘の勇を伝習工女第1 号として故郷下手計から呼び寄せました。富岡製糸場初代場長となり、特に工女の教育に重点を置き一般教養の向上をはかり、風 紀の乱れには厳しく場内の規律を維持したそうです。惇忠の誠実な人柄に人々は信頼を寄せ、自分の娘を富岡製糸場の工女の一員とすることが誇りであると考えるようになりました。「至誠神の如し」とは、たとえ能力や才能がなくても、誠意を尽くせば、その姿は神様のようなものだという言葉です。 惇忠はその言葉を掲げ、1876 年(明治9)に場長の職を退くまで、富岡製糸場のために誠意を尽くしたのでした。

尾高勇(ゆう) 1858 年(安政5)頃~ 1923 年(大正12)1月30日

尾高惇忠の娘尾高勇(ゆう) 尾高惇忠の長女として1858年(安政5)頃、現在の深谷市下手計に生まれました。 1872 年(明治5)14 歳の勇は、製糸伝習工女の第1号となります。 その背景には、製糸場の操業に向けて工女を募集したものの、 工女の募集は生き血を絞るためという噂のため、一向に応募者が現れなかったという事情がありました。 ことの次第を聞いた勇は、父の心中を察すると共に、新たな技術の習得に胸を躍らせて富岡製糸場への入所を決めたのでした。 勇の決断は同じ下手計村の少女たちを刺激し、松村倉(17 歳)をはじめ5人の少女が、さらに倉の祖母和志は62 歳の高齢ながら志願して入場し、工女取締役となりました。

参考資料:深谷市教育委員会パンフレット(富岡製糸場と深谷の偉人達) ウィキペディア

Topページ>尾高惇忠
スマートフォンで閲覧するには以下のQRコードをスマートフォンで読み込んで下さい。

スマホ用QRコード

尾高惇忠 富岡製糸場 初代場長

尾高惇忠

ポール・ブリュナ
富岡製糸場の建設のために雇われたフランス人技師たち

ポール・ブリューナ

創業当時の繰糸場の写真

繰糸場

水分検査機
 
ポール・ブリュナが明治4年、フランスに発注した物、水分検査機

水分検査機

 

↑ PAGE TOP