七日市藩は加賀百万石の支家で陣屋跡が残っています。場所は富岡製糸場のある街の富岡市です。

七日市藩について

1600年(慶長5)の関が原の戦いで、徳川家康が天下を取り、同年8月に征夷大将軍に任命されると同時に、江戸幕府を開きました。これに伴い、諸大名は大幅な配置転換(国替え)が行われました。甘楽郡もその支配の再編成が行われ、徳川を頂点とした支配がほぼ出来上げってきました。郡内の領地は所轄領の他に、小幡(現:甘楽郡甘楽町小幡)の織田氏、七日市藩(現:富岡市七日市)の前田氏が支配することとなりました。七日市藩邸跡七日市藩邸跡 (現群馬立富岡高等校)群馬県富岡市七日市

七日市藩の成立

1616年(元和2)、前田利家の5男、利孝(トシタカ)は、前田利家の謀反なき証として、幼少時に江戸で人質として暮らしますが、大阪夏の陣の功績により、甘楽郡18ケ村(10,014石)を与えられ七日市に陣屋を築きます。(3万石以下なので天守閣いわゆるお城は持てませんでした)以後 、七日市藩として、幕末までの12代を存続させます。 七日市藩初代藩主前田利孝が入封した1616年(元和2年)頃の記述を見ると、七日市藩は、加賀前田家の分家であること、分家の者が藩主をつとめる加賀藩の支藩であることが分かります。 これらの地は1601年(慶長6年)~1619年(元和2)迄は、水野忠清(徳川時代の前の小幡藩主)が支配していた地域と重なる部分が多かったようです。

七日市藩陣屋敷跡

この陣家は1843年(天保14年)に造られたものですが、その後何度も改築や移築、一部の取り壊しを経て、現在の姿になっています。

七日市藩陣屋跡七日市藩陣屋跡(通称:御殿)現在は甲冑や古文書、土器、書等が保存されています。 城壁のように見えますが櫓台跡です。(現在は御殿山と呼ばれています)七日市藩は、3万石以下なので天守閣(お城)は持てませんでした。

七日市藩は二代目以降は大阪定番:駿河定番

藩祖利孝(としたか)は、前田利家の正室と江戸で人質(利孝の異母兄利長が家康暗殺の嫌疑をかけられたため)のような生活をしていましたが、大阪の冬・夏の陣で徳川方で出陣し、軍功をあげたため 1616年(元和2年)上野甘楽郡に10,014石を与えられました。以後明治まで250余年の12代にわたり在封し、石高の変更はありませんでした。七日市藩前田家は代々、大阪定番と駿府定番を務めました。 (大阪定番とは大阪城番とも言い、1~2万石の小大名が大阪城代の下で付く職。定員2名で大阪城の守備に就く。鉄砲、弓、具足奉行を支配した。)戊辰の役(戊辰戦争)では会津藩の討伐に加わっています。 2代以降②利意、③利廣、④利慶、⑤利英、⑥利理、⑦利尚、⑧利見、⑨利以、⑩利和、⑪利豁、⑫利昭1869年(慶応5年)版籍奉還で最後の藩主の利昭は藩知事となる。 利昭は成器館を文武学校と改称し、さらに軍務局をはじめとする藩政改革を行なった。1871年(明治4年)の廃藩置県で七日市藩は廃藩となります。その後、七日市県を経て、群馬県に編入されました。 七日市藩黒門中門(黒門)は火災よけの願いを込めて造られてと伝わっていますが、現在は黒門(七日市藩)を通り赤門(加賀100万石の下屋敷)へ入ることを願って通う生徒もいます。

大坂城代・定番・町奉行・加番一覧

大坂城代・定番・町奉行・加番一覧はここから 

七日市藩の位置

初代利孝の築いた七日市陣家は1869年(明治2年)の七日市村の絵図で示させている通り広い敷地を有し、陣家の中には藩主を始め重臣の屋敷も建てられています。陣家総面積:約36,223坪で富岡製糸場の2倍強でしたが、現在は住宅になっていたりして、20%位が富岡高等学校となっています。

明治2年の七日市村の絵図

南に鏑川、北には高田川、西は一峰山に囲まれ、東には幕府の直轄領で陣屋が置かれる予定(現:富岡製糸場)の富岡町が有りました。城下町としての七日市の街は、富岡から陣家に向かう街道に作られました。富岡の街作りで行なわれた街道沿いの、短冊状の地割は七日市でも同様に行なわれました。街の造成は富岡町が先行し、七日市藩の街割はそれに合わせているように見えますが、よく見ると両町の街道の境を少しずらせる形で区別させ、街の守りとして、富岡側には浄土宗の「龍光寺」、七日市には同派の「永心寺」を配置して、互いの境を強調しています。富岡町の境から七日市にに入ると、城下町を警護する形で街道の要所に木戸が置かれました。街道は陣家に突き当たると、陣家を迂回させる形をとっています。

参考資料:富岡のまち 大阪府立中之島図書館:中之島図書館所蔵武鑑一覧 富岡高等学校HP ウィキペディア

Topページ七日市藩について

富岡&富岡製糸場情報

スマートフォンで閲覧するには以下のQRコードをスマートフォンで読み込んで下さい。

スマホ用QRコード

尾高惇忠 富岡製糸場 初代場長

尾高惇忠

ポール・ブリュナ
富岡製糸場の建設のために雇われたフランス人技師たち

ポール・ブリューナ

創業当時の繰糸場の写真
繰糸場

水分検査機
ポール・ブリュナが明治4年、フランスに発注した物、水分検査機

水分検査機

↑ PAGE TOP