官営時代の富岡製糸場は赤字続きだったのか?

官営富岡製糸場の収支

官営富岡製糸場は1872(明治5)に始まり、1893年(明治26)の21年間、明治政府のもとで経営されました。その後は、三井家が、払下げの入札で落札し経営します。

その後、原合名会社に譲渡され、1938年(昭和13)には、株式会社片倉製糸所として独立しますが、昭和14年(1939年)には日本最大の製糸会社であった片倉製糸紡績株式(現・片倉工業株式会社)に 合併されました。

その後、戦中・戦後と長く製糸工場として 稼働しましたが、生糸値段の低迷などによって1987年(昭和62)3月ついにその操業を停止しました。その後も場内のほとんどの建物は大切に保存されています。

官営時代の富岡製糸場の収支  (単位円 小数点以下銭)

1872~1875年 明治5~8年 

収入 487,111円797銭 支出 707,345円541銭 損益 ▲220,233円744銭


1876年 明治9年

収入 290,866.360  支出 188,208.940 損益 102,657.420


1877年 明治10年

収入 212,120.230   支出 223,811.813  損益 ▲11,691.583


1878年 明治11年

収入 200,790.440   支出 203,124.710    損益 ▲2,334.270


1879年 明治12年

収入 278,547.119   支出 262,053.538  損益 16,493.661


1880年 明治13年

収入 285,185.556   支出285,828.884   損益 26,356.762


1881年 明治14年

収入 212,478.391     支出 211,257.557  損益 1,220.834


1882年 明治15年

収入 184,627.626   支出 232,374.528  損益 ▲ 47,746.902


1883年 明治16年

収入 158,738.903   支出 200,494.977    損益 ▲ 41,756.072


1884年 明治17年

収入 345,788.516   支出 361,203.026  損益 ▲ 15,414.510


1885年 明治18年

収入 171,992.239   支出 152,763.156   損益 19,229.083


1886年 明治19年

収入 183,234.296   支出 168,765.604   損益 14,468.692


1887年 明治20年

収入 214,167.054   支出 202,675.240   損益 11,491.814


1888年 明治21年

収入 229,871.903   支出 228,353.445   損益 1,518.458


1889年 明治22年

収入 199,061.479   支出 不詳 損益 不詳


1890年 明治23年

収入 399,455.186   支出 387,367.444  損益 12,087.742


1891年 明治24年

収入 154,665.359   支出 151,043.790  損益 3,621.569


1892年 明治25年

収入 213,499.470   支出 159,773.580  損益 53,725.890


1893年 明治26年

収入 223,658.090   支出 142,540.290    損益 81,117.800

富岡製糸場代々場長

初代工場長 尾高  惇忠 1872~1875年(明5.10~明9.11) 1875年(明治9)には高給取りのブリュナー(年俸9,000円)を始め、外国人(9名)が全て富岡製糸場から退去します。

2代 山田  令行 1875~1879年(明9.11~明12.3 )1878年(明11)パリ万博で富岡製糸場の生糸の評判を落とすとともに赤字が続きます。第2代場長更迭

3代 速水  堅曹 1879~1880年(明12.3~明13.11 )1880年(明12)富岡製糸場を民間への払い下げ計画中止。1879年(明12)~1881年(明14)には赤字が解消されます。

4代 岡野  朝治 1880年~1885年(明13.12~明18.2 )1882年(明15)単年度度決算最高赤字。次年度は僅かに改善するが、前年度に次ぐ同じ赤字決算。

5代 速水  堅曹 1885~1890年明18.2~明26.10 )経営手腕を買われ、再び場長に就任。1890年(明26)に明治政府の方針で、富岡製糸場は民間に払い下げられます。三井家が121,460円(在庫繭を含む)で落札しますが、在庫繭が80,000円相当有ったと言われています。 おそらく生糸の在庫も有ったのでしょうね?(121,460ー80,000=41,460)かなり安い買い物ですね。 富岡製糸場は、当時のお金で240,000円(240,000ドル 1ドル1円換算)の費用で建設されました。(土地の買い増し分は別費用)

参考資料:富岡製糸場開業以来営業損益一覧表:内務省第2~5年報の修正値:第1~13回農商務省報告:法政大学創立者 生誕150周年記念連続講演会 明治日本の産業と社会第1回講演録 2006年2月25日(土) 講師・今井幹夫:富岡商工会議所HP

Topページ>富岡製糸場の収支
スマートフォンで閲覧するには以下のQRコードをスマートフォンで読み込んで下さい。

スマホ用QRコード

尾高惇忠 富岡製糸場 初代場長

尾高惇忠

ポール・ブリュナ
富岡製糸場の建設のために雇われたフランス人技師たち

ポール・ブリューナ

創業当時の繰糸場の写真

繰糸場

水分検査機
 
ポール・ブリュナが明治4年、フランスに発注した物、水分検査機

水分検査機

↑ PAGE TOP