富岡製糸場の繰糸場(繰糸所)は明治5年の当時のまま保存せれていて、内部も見学できます。

富岡製糸場 繰糸場(繰糸所)

富岡製糸場 繰糸場 繰糸所

富岡製糸場繰糸場(繰糸所)をクリックして拡大
繰糸場は繭から生糸を取るために造られた、富岡製糸場では重要な建物です。 2014年12月には国宝に指定されました。 繰糸場を外から見た大きな特徴は、屋根の上にもう一つの屋根があることです。 これは繰糸場内でお湯を使って糸を取る作業をしていたため、その蒸気を逃がして換気するためのものでした。 窓が大きく数が多い点も繰糸場の特徴です。 当時、日本には電灯が無かったため、細い糸をとる作業では、明るい空間が必要でした。 そこで、外からたくさんの光を集め、作業をしやすいように工夫建物となっています。 また自然な光を取り入れるため、建物を東西に長い造りにしました。 建設に使われた窓ガラスや鉄製の窓枠、ガラスと窓枠を固定知るための「パテ」等は、主にフランスから輸入されたと言われています。

屋根の上に屋根がある繰糸場

繰糸場の屋根

長さ141.8m  巾12.6m  高さ11.8m  面積1,739.24㎡ 柱は30cm角 通し柱です。

繰糸場の大きなガラス窓

繰糸場の大きなガラス窓

細かい仕事には明るさが要求されましたが、当時の日本には電灯が有りませんでした。西向きの大きな窓からは、自然な光が取り入れられるようガラスが多用されました。 写真は北側の窓です。内部は公開せれていますので見学できます。

繰糸場の屋根

繰糸場の櫓(越屋根・天窓) 蒸気(湿度・温度)を逃がして換気をするための やぐらの屋根(越屋根、天窓ともいう) 絹産業遺産群の田島弥平旧宅でも、この方法が用いられていて「清涼育」の原点ともされている。 屋根だけを見れば、日本家屋のように見えましが、実はこの建物も「木骨煉瓦造」です。

Topページ製糸場内の建物の解説> 繰糸場(繰糸所)
スマートフォンで閲覧するには以下のQRコードをスマートフォンで読み込んで下さい。

スマホ用QRコード

尾高惇忠 富岡製糸場 初代場長

尾高惇忠

ポール・ブリュナ
富岡製糸場の建設のために雇われたフランス人技師たち

ポール・ブリューナ

創業当時の繰糸場の写真

繰糸場

水分検査機
 
ポール・ブリュナが明治4年、フランスに発注した物、水分検査機

水分検査機

↑ PAGE TOP