富岡製糸場の女工館は、女性フランス人、4人の寄宿舎です。

富岡製糸場 女工館

女工館を西から

富岡製糸場女工館をクリックして拡大
女工館は1873年(明治6年)頃に建設されました。フランス人女性教師4人の宿舎として建てられました。 彼女たち4人の教師は、富岡製糸場で働く工女たちに、機械製糸の技術を教えるために来日しました。 彼女たちは、その使命を1875年(明治9)終え帰国します。 建物の構造はコロニアル様式と呼ばれ、当時の日本建築にはない特徴が見受けられます。 「コロニアル」とは「植民地的な」という意味で、当時のヨーロッパ諸国の植民地であった東南アジアなどの暑い国で生まれた様式です。 そのため床が高く、窓には風通しのよい板戸が取り付けられ、ベランダの天井の板が格子状に組まれる等、当時の日本建築にはない特徴があります。 湿度の高い日本の気候に適していると言われています。 大正12年(1923)以降は間仕切壁を撤去して大部屋とし、1階を食堂、2階を会議室として使用した。

構造形式:木骨煉瓦造2階建、桟瓦葺、階段付き建築面積:381.5㎡

残念ながら、工女館の内部は見学できません。外から「そーっと」眺めるだけです。

女工館の天井は格子状

女工館の天井は菱組天井

女工館の廊下のベランダの天井は菱組天井になっています。 煉瓦の壁は当時と変わらずに保存されています。 女工館は、製糸場の建設から1年ほど遅れて建てられましたので、壁の煉瓦は、繭倉庫(奥繭所)の煉瓦より一回り小さいものです。

Topページ製糸場内の建物の解説> 女工館
スマートフォンで閲覧するには以下のQRコードをスマートフォンで読み込んで下さい。

スマホ用QRコード

尾高惇忠 富岡製糸場 初代場長

尾高惇忠

ポール・ブリュナ
富岡製糸場の建設のために雇われたフランス人技師たち

ポール・ブリューナ

創業当時の繰糸場の写真

繰糸場

水分検査機
 
ポール・ブリュナが明治4年、フランスに発注した物、水分検査機

水分検査機

↑ PAGE TOP